神社で行う挙式|晴れやかな舞台となる結婚式場の変化をチェック

晴れやかな舞台となる結婚式場の変化をチェック

新郎新婦

神社で行う挙式

男性と女性

日本の伝統が感じられる

神社挙式とは、日本の伝統が感じられる挙式のことで神社で厳かに行われます。日本人には和装が最も似合うと言われているので、身長やスタイルなど関係なく自分の美しさを表現することが出来る点が人気です。神社挙式は、両親や祖父母、親戚の受けも良く家族のことを考えた結婚式が出来るという点も人気です。神社挙式では、昔から続く伝統的な儀式がいくつもありますが、希望に合わせてそれをさらに増やしたり逆に減らしたりすることも可能です。新郎新婦の指輪交換は、本来神社挙式では行われないものですが、教会での挙式のように行うことも可能です。新郎新婦で考えながら、カスタマイズした挙式を挙げることが出来るのも人気の理由の一つであると言えます。

挙式の費用を減らすコツ

神社挙式は、一般的に教会を使った洋風の結婚式よりも安い費用ですませることが可能ですが、それは神社の規模や行う儀式などによっても変わってきます。また、参列する人数が多ければ多いほどその分挙式の費用も多くかかります。そこで、会場の規模や参列者を調節したり、行う儀式を最低限のものにするなどといった工夫をすることで、費用を抑えることが出来ます。神社挙式で行われる基本的な儀式は、神主がお祓いを行う儀式、神主が加護や結婚の報告を神様にする儀式、三々九度で有名な儀式、玉串を神様に捧げる儀式などが行われます。それ以外にも様々な儀式を行うことが出来ますが、儀式を最低限のものだけ行うことも費用を少なくするコツになります。